https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_05_PAK85_Projectannai20141123172459-thumb-1000xauto-14705

M字ハゲは治るの?M字ハゲの改善方法まとめ!

M字ハゲはどういう状態?

バーコードハゲやM字ハゲなどは薄毛の形状を表した名前ですが、M字ハゲは生え際が後退し、M字になったように見える状態のことをいいます。

額の両端がそりあがって、真ん中が谷のように残るのでM字になるわけです。マクドナルドのMマークと同じような状態ですね。

有名な芸能人の方をあげると所ジョージさんや渡辺謙さんなどがこれに当たるといえます。

M字ハゲに特化したハゲの程度の分類はありませんが薄毛の分類にはハミルトン・ノーウッド分類別症例があります。これはM字ハゲだけでなく頭頂部が薄毛となるO型など薄毛全般における分類方法です。この分類方法をみると、自身の薄毛の進行度合いや今後の進行状況がわかるのでとても参考になります。

M字ハゲの原因は?

M字ハゲの原因、これはほとんどの場合は男性ホルモンです。つまり男性型脱毛症AGAである可能性が高いと言えます。なぜならばM字にはげるのはAGAの特徴的な薄毛の形態の1つだからです。

AGAの原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが関与しています。DHTはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼⅡ型という還元酵素をの働きを受けることでできるホルモンです。この5αリダクターゼⅡ型はヒゲや前頭部、頭頂部など多く存在する部位があります。

5αリダクターゼⅡ型によってできたDHTⅡ型は男性ホルモンの受容体と結合して、最終的にTGF-βなどのタンパク質を生産させる命令を出します。

このTGF-βは上皮系細胞に作用して増殖を抑制してしまう働きがあり、上皮系細胞系の細胞である毛母細胞も、TGF-βによって細胞分裂が抑制されてしまいます。
5αリダクターゼⅡ型の存在する部分がハゲてしまうのです。

M字ハゲは治るの?

残念ながらM字ハゲつまり男性型脱毛症は遺伝によるところが多く、完治するということはありません。

つまり治療を始めたら一定期間の後、徐々に薬を減らしていくことはあっても基本的にはずっと内服薬を服用していかなければならないことになります。

AGA治療の基本は内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルで、プロペシアは医師の処方箋がなくては手に入れることができません。

ミノキシジルには血行促進作用や、細胞の増殖因子の生産を促す働きがあり、大正製薬のリアップのようにドラッグストアで手に入れることもできます。

M字ハゲの兆候はMの山の部分にあたる両脇の生え際の毛が細く腰がなくなっていくことです。ですからその兆候が現れた段階でミノキシジルを含む育毛剤などを使用し、進行を遅らせることが大事です。改善するというよりは、早期発見により進行を食い止めると表現した方が正しいでしょう。

また、ある程度、薄毛が進行してしまった場合は、医師の診療を受け遺伝子検査を行うこともおすすめです。これにより5αリダクターゼの分泌量が多い遺伝子があるかどうかや、DHTの感受性が高い男性ホルモンの受容体があるかどうかがわかります。

この検査により科学的に今後の薄毛の進行度合いがわかるため、すぐに内服薬による治療を始めた方がよいのか、外用薬のみで改善がみられるかどうか、それ以外の治療方法がないか判断ができます。

M字ハゲは遺伝的要素が強い分、こうした遺伝子検査を行い現状を早期に知ることが進行を遅らせ、発毛治療を行う上で重要になるといえます。

bs150415082322

M字ハゲに効果のある育毛剤に必須の成分とは?

M字ハゲはなぜなるの?

M字ハゲやバーコードハゲなどは脱毛する髪型の表現で、M字ハゲは日本人でも比較的よく見られる薄毛のタイプです。おでこの両端の生え際が後退し、生え際がM字になります。

M字ハゲの原因はほとんどの方が男性ホルモンで、男性型脱毛症(AGA)です。AGAに関与しているホルモンはジヒドロテストステロンです。

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンのテストステロンというホルモンが5αリダクターゼⅡ型という酵素によって還元されることでつくられます。このDHT2型が最終的に核内に取り込まれると上皮系細胞である毛母細胞の分裂を抑制するタンパク質が作り出されてしまい、髪の毛が成長しなくなるので薄毛となります。

酵素の5αリダクターゼにはⅡ型だけではなくⅠ型もあるのですが、Ⅱ型は髭や前頭部頭頂部など薄毛となりやすい部位に分布しているためⅡ型が薄毛の原因であるとされています。

M字ハゲは遺伝?

M字ハゲは遺伝的な要素が強い薄毛と言われています。そのため、遺伝子が変化することが無いので完治することがありません。父方だけでなく母方の親兄弟に薄毛の方がいる場合は自分が受け継いでいる可能性があると考えた方がよいでしょう。

遺伝的なハゲ要素から目をそむけず、M字ハゲの兆候が見える前もしくはM字ハゲの兆候があったら、早めにケアを行わなければ確実に進行してゆきます。ひらきなおって諦めてしまうという手もありますが、年齢が比較的若いうちから薄毛が進行することもあり、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

ではM字ハゲの進行を食い止めるために何ができるのでしょうか。

皆さんが真っ先に思いつくのが育毛剤だと思います。しかし、種類もたくさんあってどれを選んでよいのか迷ってしまいますよね。

育毛剤の成分

薄毛治療には頭髪専門医がありますが、ほとんどのクリニックで行うのは内服薬であるプロペシア(フィナステリド)の処方と外用薬です。この外用薬にではたいていミノキシジルが成分として含まれています。

ミノキシジルはもともと血管を拡張させる働きがあるため血圧降下剤として開発されましたが、現在は血行をよくする効果の他に細胞の増殖や成長を促す因子を産生させる働きがあることがわかっています。

ミノキシジルは市販薬にも含まれており、大正製薬のリアップなどはたいていどこのドラッグストアでも売られています。

ミノキシジルは日本皮膚科学会における男性型脱毛症診のガイドラインでもその効果がAランク(Aが一番上)とされており、医学的にも作用機序が判明している薬として信頼でいると言えるでしょう。
ただ、使用上の注意として心疾患や腎疾患、高血圧、低血圧の方などは使用の前に薬剤師や医師に相談した方がよいとされています。使用前に内容をよく確認するようにしましょう。

その他の育毛成分としてM-034、t-フラバノンやアデノシン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾールなどが注目されています。しかし現時点では臨床試験などの結果が不十分であったり、試験が評価できるほどの水準を満たしていないなどの理由で公的な評価はありません。

ただ、成分との相性は個人差もありますので、育毛の分野で確立されていない成分でも効果が得られることもありますし、必ずしもミノキシジルによって効果が得られるとは限りません。
出典:おすすめ男性用育毛剤

M字ハゲは一生付き合っていかなければならないものですので、時間をかけて自分の体質に合った育毛剤にであえるよう色々と試してみるとよいでしょう。

また、医師の診察を受ければ遺伝子検査を行うこともできます。遺伝子検査を行うと5αリダクターゼの分泌量が多い遺伝子の有無や、男性ホルモンの受容体がDHTに対して感受性が強いかどうかがわかります。

早期に知ることでM字ハゲの進行を遅らせたり対策を練ることもできますので検査をしてみるのもよいでしょう。

bsMAX_bordetewomotu20141025114710

目の疲れ・眼精疲労はM字ハゲを加速させる?

眼精疲労それってVDT症候群?

仕事にはパソコンが必需品の時代、仕事を家に持ち帰ったり、家に帰ってからもテレビやスマホをいじったり、ディスプレイを見ない時間はありますか?

気が付くと目がしばしばしたり、目頭が重いなんてことはないでしょうか。
もしかしたらそれはVDT症候群かもしれません。

VDTとはVisual Display Terminal(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)の略です。VDT症候群とは眼精疲労が元で、起こる健康トラブルで、肩こりやドライアイ、疲労がたまりストレスとなってイライラするなど精神の不安定にもつながり、「テクノストレス眼症」とも呼ばれています。

パソコンを使って仕事をする人のほとんどの方に眼精疲労症状が出ているといわれています。

VDT症候群の症状とは

①眼精疲労

パソコンなどのモニターを常に見ながら仕事をしていると瞬きの回数が減少し、目が乾燥しやすくなります。

違和感を感じているのに放置するとドライアイが進行し、視力の低下や視界のぼやけ、充血目の痛みなどを引き起こすことがあります。

②血行不良

長時間モニターを見ながら仕事をしていると同じ姿勢のまま筋肉は緊張しています。この不安定な姿勢のまま筋肉をで緊張させていると交感神経が優位となり、涙の分泌量が減少してしまいます。涙の調節は副交感神経が行っているからです。

そして筋肉の緊張は筋肉の血管を圧迫して血流を悪化させます。血行不良になると老廃物が溜まりやすくなり、むくみが出たり、老廃物が神経を刺激してピリピリした痛みを感じるようになります。

③精神疾患

眼精疲労が続くと上記のように自律神経が乱れ、精神的に不安定となります。

無性にイライラしたり、不安感や孤独感を感じたり、不眠症に陥ることさえあります。

うつの症状がでたり不眠症などの睡眠障害が出た場合は眼精疲労だと甘く見ずに医師の診察を受けるようにしましょう。

眼精疲労はM字ハゲを加速させるの?

薄毛の大敵は血行不良です。
毛細血管の血流が悪くなれば毛母細胞への栄養や酸素の供給が不十分になる可能性があるのです。

比較的肥満体系の方に薄毛の傾向がありますが、これはなぜだと思いますか?

肥満=中性脂肪が多い→コレステロール値が高い→脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病になっている可能性が高い。となるとついてくるのが動脈硬化です。

血管の柔軟性が失われるうえ、中性脂肪やコレステロールで血液はドロドロの状態です。すると毛乳頭への栄養素の供給が不足し、毛母細胞の分裂を助ける成長因子や増殖因子も供給されなくなります。
髪は成長せず、伸びても細く弱々しい毛になり切れ毛になりやすくなります。

一概に肥満だと薄毛と直結するものでもありませんが、薄毛が多くなる傾向にあることは間違いないのです。

このように血行不良は薄毛を加速させます。眼精疲労による血行不良も同じです。

M字ハゲは男性型脱毛症(AGA)であることが多く遺伝的な要素が大きい薄毛です。遺伝子を変えることはできませんし、一生付き合ってゆかなければならない薄毛です。遺伝的要素の上に血行不良という追い打ちをかければ薄毛は確実に加速してしまうでしょう。

bsGreen8_gomicap20141123131400

病院でのM字ハゲ治療方法と費用はいくら?

M字ハゲの原因は?

M字ハゲの原因はズバリ男性ホルモンです。
男性の薄毛にも様々な要因があり、皮膚炎やストレス・過労、糖尿病な他の疾患が原因で起こる脱毛もありますが、
M字に薄くなる脱毛のほとんどが男性ホルモンによる脱毛(男性型脱毛症、AGA)なのです。

AGAはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという還元酵素の働きをうけてジヒドロテストステロン(DHT)となり、このDHTが脱毛を促す発端となることで起こります。

この5αリダクターゼがなければDHTもできないのですが、頭皮においてこの5αリダクターゼの分布しているのがちょうど前頭葉のM字ハゲの部分と一致しています。そのためM字ハゲ=AGAの可能性大となるのです。

AGA治療とは

現在はAGA治療では内服薬と外用薬が基本で、クリニックによりその他の様々な治療法があります。

内服薬ではプロペシア(フィナステリド)がもっともAGAに有効な薬であるとされています。プロペシアは医師の処方箋が必要な薬なので、クリニックに行き処方してもらわなければ服用はできません。

AGA治療は保険がきく治療ではなく、自由診療です。そのため同じ内服薬でもクリニックによって価格が異なる場合があります。プロペシアの販売価格は1粒250円で1か月服用すると7500円程度となります
が、だいたいどのクリニックでも7000円前後、安いと6000円程度となっています。
しかし、初回は初診料や検査料がかかり、1万円以上の支出を見込んでおいた方がよいでしょう。

また、外用薬はミノキシジルが主成分となっていますが、薬剤の配合を個人の頭皮環境に合わせるなど独自性をだすクリニックも増えており、価格は月1万円~2万円という所が多いようです。

他にもあるある!AGA治療

内服薬、外用薬はAGA治療の基本ですがその他、クリニックによって独自の治療法があります。

育毛メソセラピー

頭皮の細胞間膜に微小な穴をあけて発毛に必要不可欠な有効成分を直接注入する治療法です。以前は注射針で頭皮に注入していましたが現在はほとんど痛みのない電気パルスを使用しているクリニックがほとんどです。

細胞膜に穴をあけるので高分子の薬剤を注入することも出来、AGA治療だけでなく、アンチエイジングなど美容外科の分野でも広く使われている治療方法です。

治療費はだいたい2万円前後~というクリニックが多く、内服薬、外用薬と合わせて行うことが多いようです。内服薬を含め毎月すべてを行うと最低でも3万円以上の治療費となります。

HARG療法

再生医療に着目した治療方法で、ノーベル賞で話題になった幹細胞ですが、幹細胞からは様々な増殖因子や成長因子が放出されています。

因子とは細胞から出されるタンパク質のことで、HARG療法はこの幹細胞が作り出した成長因子や増殖因子を頭皮に注入し、発毛せずに休止している毛母細胞を活性化させて発毛を促します。

発毛率は99%とも言われ非常に効果的で副作用もない治療法ですが高度な技術を要するため治療費が高いという難点があります。

クリニックによりプランや、部位別など治療の設定がさまざまですが、1回十万円~、全コース終了すると数百万円かかることも珍しくはありません。

植毛

植毛、つまり、自分の毛を移植する方法です。自毛を頭皮から切開し、毛根ごと薄毛の部分に移植します。自分の毛を移植するので定着率はよいのですが、植毛した毛すべてが定着することはありません。

ただ、自毛なので副作用が一切ないため、非常に安全な治療法であると言えます。M字ハゲの方は側頭部や後頭部の毛は豊富であることが多く、植毛はM字ハゲの方に向いている治療法ですね。

しかし、治療費は高額で50万円前後~100万以上かかり、気安くできる治療法ではありません。

bsGreen4_hahuhahu20141123125939

M字ハゲ改善に効果的な食べ物は?

M字ハゲの原因

M字ハゲは男性型脱毛症(AGA)の特徴的な薄毛の頭髪タイプです。

AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素の働きを受けることでつくられるジヒドロテストステロン(DHT)であると考えられています。DHTは男性ホルモン受容体に結合して細胞内に取り込まれると毛母細胞の分裂増殖を抑制するタンパク質を発現するシグナルとなるからです。

そして5α-リダクターゼは頭皮の前頭葉や頭頂部の細胞に分布しており、そのためAGA独特の薄毛の形が出来上がります。

中には若いころから薄毛になる方もいらっしゃいますが、多くの方が壮年期になるとAGAとなることが多く、同様に前立腺肥大や、前立腺がんなど前立腺の病気にかかる割合が増加します。
これはともにDHTが関わっているからです。

このように薄毛や前立腺の病気を取り上げるとDHTは悪者のようですが、とても大事な男性ホルモンです。

例えば5α-リダクターゼを発現する遺伝子に欠損があり、DHTが作られないと、胎児は母親のおなかの中にいる時から発達障害となり、性器の形成不全や機能の欠落といった障害が出てしまうのです。体で作られているからには必ず、ムダなものはなく、ちゃんと理由があるのです。

食生活によりM字ハゲは悪化する

DHTの存在意義はあるとわかっても薄毛の方にとっては悩ましい存在ですよね。
薄毛改善のためにも日々の努力はとても重要です、

例えば食べ物。
油っこい食事、高カロリーの食事ばかりしていませんか?

油っこい食事は皮脂を増やし、毛穴をべたつかせ、毛穴での細菌を増殖させて炎症を起こす原因となったり、老廃物の排出の妨げとなります。毛根の状態が悪化すれば髪質が悪くなることはもちろんさらに発毛を抑制してしまいます。

そして高カロリーの食事は肥満の原因となります。肥満は薄毛に大敵です。動脈硬化などの生活習慣病を引き起こし、血行不良になると毛乳頭に栄養を運ぶ毛細血管が滞り、髪は育たなくなるのです。

薄毛を治したいどころの話ではありませんよね。体が健康でなければ薄毛を改善するのは遠い道のりとなってしまいます。

M字ハゲには納豆・豆腐

大豆製品は高タンパク低カロリーでダイエット食品としてももってこいの食材です。良質なたんぱく質を効果的に摂取することができます。また、大豆製品にはイソフラボンが豊富に含まれています。

イソフラボンは植物性エストロゲンとも言われ女性ホルモンであるエストロゲンと構造が似ています。エストロゲンはテストステロンの分泌を抑制する働きがあるため結果的にDHTの生成を抑えることにもなります。

大豆製品の代表ともいえる納豆や豆腐は日本人の伝統的な食べ物であり、豆腐は薬味を変えたり湯豆腐にしたりと料理の幅も広い食材です。

また、納豆はナットウキナーゼの働きにより悪玉コレステロール値を減らしたり、血液サラサラ効果もあることがわかっています。血行が良くなり代謝が正常に行われることで頭皮の健康をサポートしてくれます。

M字ハゲには血液サラサラ成分を

血液サラサラは生活習慣病の予防だけでなく頭皮の健康にも効果的です。血液サラサラ成分で知られるDHAやEPAは青魚の脂に含まれています。頭皮の毛細血管の血流がよくなることで毛乳頭への栄養や酸素供給が行われ、健康な髪へと成長させるのです。

また、食物繊維は肥満予防にはなくてはならないものです。
食物繊維は腸内で脂質が再吸収されるのを抑えてくれるので、中性脂肪の増加を防いでくれるのです。
前述したように肥満は髪の敵です。肥満の方が薄毛傾向が強いように、肥満による血行障害は髪の成長の妨げとなります。

M字ハゲを改善し、肥満を防ぐためにも野菜、海藻、穀類など食物繊維を摂取するようにしましょう。

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_Green13_motanaikioku20141123170807-thumb-1000xauto-17847

M字ハゲに育毛シャンプーは効果なし?

M字ハゲはどうしてなるの?

M字ハゲは遺伝的要素が強い薄毛です。この遺伝的要素とは、①AGA(男性型脱毛症)の原因物質を作り出すきっかけとなる5αリダクターゼⅡ型という酵素の分泌量や、②ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンのを受け取る受容体に感受性が強いかどうかの2つです。

なぜ薄毛になるかというと、DHTが男性ホルモン受容体に結合することで上皮細胞系の増殖分裂を要請するタンパク質が作られてしまうからです。

そしてDHTは5αリダクターゼⅡ型によりテストステロンが還元反応を受けることで産生されます。

つまり、遺伝的に5αリダクターゼⅡ型の分泌量が多く、アンドロゲン受容体のDHT感受性が強いという遺伝子をともにもつと、AGAの進行がかなり早く進んでしまうということになります。

M字ハゲは予防できないの?

M字ハゲは遺伝的な要素が強いのでを完全に予防することは難しいと言えます。
しかし、①のみの遺伝子をもっているのか、②のみなのか、①、②両方なのかは検査をしてみないことにはわかりません。

遺伝子検査は1回あたり2万円程度と高額のためなかなか検査に踏み切れない方もいると思いますが、遺伝子は一生変わることはありませんので1度受ければ済むことです。また自分の遺伝子のタイプを知ることで、薄毛の進行度合いが予測でき、それに合わせた治療を行うことができます。

そのため、M字ハゲの方、特にに兆候が表れたばかりのころには遺伝子検査を受けてみていいただきたいと思います。

育毛シャンプーはM字ハゲに効果があるの?

育毛シャンプーに含まれ、AGAに効果があると言われている成分にケトコナゾールがあります。

ケトコナゾールはテストステロンがDHTに変換されるまでの経路においてさらに前のプロゲステロンがアンドロステンジオンに変換されるのを阻害することが分かっています。

アンドロステンジオンは血液中にも存在し、テストステロンとエストロゲンに変換されます。

アンドロステンジオンが生産されなければそれがテストステロンになり、DHTになることもないので薄毛を防ぐことができるのです。そのためM字ハゲだけでなく、AGA全般の予防として使うことができます。

もともとケトコナゾールとは抗真菌剤です。抗真菌剤は病原となる微生物のうち、真菌を原因とする症状の治療するための薬剤です。真菌とは要はカビのことです。日本皮膚学会が出している男性型脱毛症診療ガイドラインにもケトコナゾールのAGA治療に対する評価がでていますが、A~Dの評価のうちケトコナゾールはC1に当たり、おこなってもよいが十分なエビデンスがない。という段階にあたります。

しかし、現段階ではエビデンスが少なくとも今後研究が行われることで、さらに予防効果の立証がされてゆくと考えられます。

ケトコナゾールシャンプーは世界的に抗真菌シャンプーとして販売されていますが、日本ではペット用の抗菌シャンプーでの使用はあるものの現段階では人に対する使用の認可されていません。

そのため、どうしても使用してみたいと購入を希望する場合は個人輸入の代行業者や海外の通販サイトから直接購入する事になります。

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_07_KENTA_863deadh-thumb-1000xauto-18489

M字ハゲは遺伝?M字ハゲの原因とは?

M字ハゲってどんなハゲ?

M字ハゲはその形状から名づけられたように、おでこの両端が徐々にソリコミのように薄毛となっていき、最終的には毛の生え際がMの形になっていく脱毛です。

ドラゴンボールでいうベジータの髪型がまさしくそれですね。

比較的海外の方に多くみられるハゲで、スポーツ選手や俳優さんにもよくお見受けします。しかし、スポーツ選手や俳優さんだとなぜかM字ハゲがダンディでかっこよく見えるんですよね。

なぜM字にハゲたり頭頂部がハゲたりするの?

薄毛の原因は様々ですが、最も多いのは男性型脱毛症、いわゆるAGAです。AGAにはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが関与しています。

DHTはテストステロンが細胞質にある5αリダクターゼという還元酵素をの働きを受けることで変換されてできるホルモンです。

この5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型はほとんどの体の毛の毛乳頭に存在するのに対し、
Ⅱ型は前頭部や頭頂部、ヒゲなど特定の部分に多く存在しています。

Ⅱ型5αリダクターゼによって変換されたDHTⅡ型は男性ホルモンの受容体と結合し、その結合体が細胞の核内においてタンパク質を生産させる命令を出します。その生産されるタンパク質の1つにTGF-βがあります。

TGF-βは上皮系細胞に作用して増殖を抑制してしまう働きがあります。毛を作り出す毛母細胞は上皮系細胞であり、TGF-βによって毛の成長が抑制されてしまうのです。つまり5αリダクターゼの存在する部分が薄毛、ハゲてしまうのです。

この5αリダクターゼは前頭部や頭頂部に多いと記しましたがその分布は個人差も大きく、M字ハゲとなる方もいるのです。

M字ハゲは遺伝するの?

一般的に年齢差はありますが、男性ホルモンの分泌量は年代ごとにわければ個人差はそれほど大きくありません。

一方5α-リダクターゼの分泌量と男性ホルモンの受容体におけるDHTの感受性(くっつきやすさ)の差は遺伝的要素が強いと言われています。

まず、5αリダクターゼの分泌量を左右する遺伝子は、「優性遺伝」です。つまりどちらかの親が持っていれば子へ受け継がれる可能性があります。

次にDHTの感受性ですがこの遺伝子はX染色体上に存在しています。女性の遺伝子はXX、男性はXYで男性の場合は父親からY染色体を、母親からどちらかのX染色体をもらってくることになります。父親からはY染色体のみなので、父親のX染色体は息子には無関係です。

母親の2本のX染色体のうちどちらか1本にDHT感受性の高い塩基配列があると遺伝する可能性は1/2、両方のX染色体上にあれば男の子は100%遺伝することになります。

5α-リダクターゼの分泌量の遺伝子と、DHT感受性の高いX染色体を貰い受ければ、強力なハゲ要素を持つことになり、パチンコのフィーバーのようにどんどんTGF-βなどの発毛抑制因子が産生されることになります。

よくハゲは隔世遺伝だと言われることがあります。
女性は男性ホルモンの影響で薄毛になることはほとんどないので、母親がその遺伝子を持っていても薄毛になることはほとんどありません。

そのため両親に薄毛の傾向がなくとも、母方の祖父が薄毛だと孫である男の子はAGAの要素を遺伝的に持っている可能性が高いということになるのです。

この遺伝子検査は頭髪専門医を受診すると行うことができます。費用は2万円程度で検査結果が出るのには1か月程度かかるようです。

薄毛の原因は遺伝以外にも様々な要素が複合的に絡み合っていることが多いと言われています。遺伝子検査をすることでその要素が1つでも解明するならば少々金額はたかいですが受けてみる価値はあるのではないでしょうか。

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_07_KENTA852_douropunk-thumb-1000xauto-18493

どこからがM字ハゲ?チェック方法を教えます!

M字ハゲとはどんな状態?

M字ハゲとは説明が不要かもしれませんが、生え際の交代の仕方がM字になっている薄毛のことですね。

おでこの両端がそりあがって、真ん中は山のように残るのでM字になるわけです。比較的日本人よりも海外の方に多いハゲの形状です。

失礼な話ではありますが、俳優さんでいうとジュード・ロウさんやニコラス・ケイジさんがそうですね。日本人でも所ジョージさんや竹中直人さんがM字ハゲに該当するのではないでしょうか。

渡辺健さんも緩やかなM字型ではありますが、生え際が比較的まんべんなく後退するタイプの方が近いように感じます。

M字ハゲの目安はあるの?

M字ハゲには明確な判断基準はきめられていません。
ですから自分の感性で行うセルフチェックが正しいのではないかと考えられますが、自分でM字ハゲだと思っていないのに他人から指摘されたら悲しいですよね。

今回は様々な体験談をもとにどこからがM字ハゲになるのかチェック方法・基準をまとめてみました。

第一段階

目視でM字となっていることがわかるかどうか。
なんとなく生え際が頼りない感じはするがM字が形成されていない状態。

おでこの両端がそりあがっていなければ、M字となることはありません。

前髪を書き上げた状態で生え際にラインを引いた時、緩やかな弧を描いている、一直線である場合は心配する必要はないでしょう。

ただ、先手必勝とも言いますから生え際の状態が気になるよう出会あれば頭皮マッサージや育毛剤等を試してみるのもよいでしょう。

第二段階

うっすらと両端の生え際が上がってきている場合。

両端の毛質を確認しましょう。他の毛よりも細く頼りない毛質に変化してきている場合は脱毛してしまう可能性があります。AGA特有の毛が成長しないという状態に陥ってきている証拠です。

ひっぱってみてもしっかりと頭皮にくっついている場合は安心です。脱毛期に入る毛髪以外はそうそう簡単に抜けるものではありません。

もし軽く引っ張ってみて抜けてしまう毛がある場合はAGAを疑ったほうがよいでしょう。

第三段階

生え際が緩やかなM字となっている状態。
横から目視で確認してもM字の剃りこみ部分が目立たない状態。

自分では気にする方も多いとは思いますが他人の目からはそれほど気になる状態ではないと考えられます。

第四段階

第三段階がさらに進んだ状態で指1本分の幅が第三段階よりも後退している状態。

横からそりこみ部分がわかり、家族など身内から指摘されるようになります。

第五段階

第四段階かさらに進行し、頭頂部から下にラインを引いた線と、もっとも剃りこみ部分が進行した額の角の線が2センチまで迫っている状態。

横からの目視でも耳の上まで額の角が広がっていることになりますので大半の方からみて薄毛だと判断される状態です。

この状態になってしまう前に何らかの手段を講じたいものです。

ハミルトン・ノーウッド分類別症例

M字ハゲだけを取り上げた判断基準はないので一般的な意見やクリニックが判断している概念をとりあげると上記の五段階のようになりますが、AGAの分類には学術的にも広く用いられている判断基準があります。

アメリカの医師ハミルトンが作成した薄毛のパターン分類を、ノーウッド医師が改定をした分類法で、ハミルトン・ノーウッド分類別症例と呼ばれています。

AGA(男性型脱毛症)のパターンをI型からVII型までに分類し、進行パターンも「M型」と、頭頂部から脱毛が進行する「O型」に区分されています。M型とO型が併発するケースもあり、薄毛の進行度合いが一目瞭然となっています。

インターネットで検索する分類図がたくさん出てきますので参考にしてみてはいかがでしょうか。